初めての風俗・デリヘル

「風俗」と聞いて、みなさまはどんなイメージを持たれますでしょうか。男性の場合は日常的に風俗を利用している人、あるいは利用した事があるという人も多いかと思います。今の日本にはたくさんの風俗店が存在します。2000年代のピークの頃に比べるとその数は多少減っているものの、今もなおたくさんの風俗店が存在していて、性に飢えた男性の欲求を満たしています。もし日本から風俗店が一切無くなってしまったら、きっと大変な事になるでしょうね。それぐらい風俗店というのは需要のある業界です。

風俗で働く人妻

ですが女性の場合は、仕事をする以外で風俗店に行く機会と言うのはほとんどないでしょう。今の日本には、女性が働く風俗のお仕事がたくさん存在します。言うなら「男性のお相手をする仕事」という位置付けですね。それが体を使う仕事であれ、お酒の相手をする仕事であれ、たくさんの需要がある事は言うまでもありません。

風俗で働く人妻たち

当然ながらそういったお店で働く女性は、お給料を多くもらっています。コンビニエンスストアやスーパのアルバイト、あるいは一般事務職と比べたら、倍以上のお給料をもらっているのではないでしょうか。もちろん勤務時間は夜がメインになりますし、仕事内容もキツイです。まして体を使う仕事になると、病気などのリスクも必然的に高くなってきます。それでも女性がそういったお店で働くのは、やっぱりお金が欲しいからなんですよね。

ですが実際に風俗の仕事で働くのは勇気が要るもの。これまでに風俗の仕事を経験した事がない人にとっては、未知の世界で分からない事だらけでしょう。それはもちろん男性にとっても同じです。風俗店に足を踏み入れた事がない人は、店内の様子も料金システムも何も分かりません。風俗店はやはり怖いイメージが付き物でしょうから、入るのに不安なきもちがまったくないという人も少ないでしょう。

人気の風俗 デリバリーヘルス(デリヘル)

その風俗業界の中でも、今の時代にもっとも主流となっているお店のスタイルが『デリバリーヘルス』です。いわゆる店舗と言うものを持たず、男性の自宅もしくはホテルまで女性スタッフが出向くというもの。ネット上、あるいは電話の向こうに事務所はあるものの、プレイをする場所はホテルや男性の自宅というスタイルです。現在の風俗業界の中心はデリヘルが圧倒的なシェアを占めています。

当然ですが、男性がはじめて風俗店を利用するには勇気が要りますよね。デリヘルだって一緒です。むしろ、店舗型のファッションヘルスやソープランドなどは経験があっても、デリヘルの経験はないという人も居るかと思います。そんなデリヘル未経験者の為に、いせゆる説明書のような分かりやすい解説をしたのが当サイトです。ひと通り読んだ後に、初めてのデリヘルを体験してみてください!